いまごろ新年会。

いまごろ新年会をしました。
2月はお金が無いので安くしようと話していてそれならと「一休」にいくことにした。
知ってます?
何しろ安い!会員になると「9」の付く日はおつまみ半額、平日だと30%オフとかね。
よく若い頃利用したなー。
そう考えると10年ぶりくらいだね。
びっくりするほど食って飲んだのになんとお一人様2500円。
甘太郎なら5000円はいくな。

長時間の中腰は辛い。

雨が降る予定という休みの中、けっこう気合いを入れてベスパをいじってみた。
ていうか朝から夕方まで、さすがに腰にきました、、、。
結果的には完了せず。
たぶんこの1日で終わらせようという心がダメなのだな、地道にやらなくては。
ただ道ばたですからねー。
何しろ風が強くてエンジン内部をいじるにはあまりよろしくない環境でして、ウチのまわりは砂が多いのかすぐに工具やらパーツが砂まみれになるのには手こずった。
フライホイールはかてーなー。
スピルが落ちたのにはびびったなー。
クラッチが思った以上にくせ者だったナー。
ていうかエンジンは一度外した方が正解だったナー。
ワイヤー系の交換までたどり着かなかったけど、ワイヤー交換はもっと苦労しそうな気がする、、、。

パーツが届いた!のだが、、。

脳内メーカー的に今の自分の脳みそを表すならほとんどVespaになっているのかもしれない。
そんなこんなで栃木の方とタイの方上手い具合に同じ日にVespaのパーツが届いた。
そこでさっそく作業をと、、、ところがいきなりミス連発。
買ったハンドルロック鍵のサイズが違った!
単純に自分のミス。
運良く交換で対応していただけるとのことで、ついでに足りなそうなパーツを追加しようとポイントとコンデンサーを見ようと買ったばかりの特殊工具を使ってみると、、、。
「ミシッ!」という音とともにねじ山がぼろぼろに、あっ工具側ね。
使い方に問題がなさそうだと個人的には思ったので問い合わせてみるとまれにある有るみたいです。
これも交換で対応してくれるとのこと。
いやーよかったよかった。
とりあえず作業は中断です。
暇も少なくなってきたし。

1kmオデカケ。

キャブの調整やらなんやらで、なんとか走るようになりました!
もう思い切って冒険に。
家から1kmくらいのホームセンターに行ってみた。
無事かと思いきや信号待ちでキックと押しがけを少々。
まだまだ猫並みの行動範囲です。
でもだいぶ光が見えてきましたねー。
ベスパの乗り心地と音はなかなかいい。
「あのボロバイク」の視線がなぜか心地いい(笑)
そんなわけでVespa@maniatic?更新。
まだパーツがこないんでどうでもいい感じの整備です。
明日か明後日には頼んだパーツはそろいそう。
でももてあましていた暇がなくなってきそうなんですよね。

工具箱拡大。

もともとスナップオンの仲間?のプラ工具箱に必要最低限工具だけは入れて使っていたのですが、必要最低限が増えたのかちょっと手狭になってきたのでもう少し大きいのを買ってみた。
はっきり言ってプラ製の方が軽くていい、だけどなんとなく近くのアストロプロダクツで金属製のかっこいいのがあったので買ってしまった。

そろそろベスパ本格整備の備えて?というわけでないんですが工具を見に行ってね。
そんでついでにプーラーと欲しかったマグネット受け皿を買ってきた。
入れてみるとけっこう隙間だらけだな。
ちょっと大きくなっただけでずいぶんと余裕が出来る。
でもいい感じ。

見れば見るほどステンシルしてくださいって言う感じのフタですよね(笑)
スゲー適当に吹いてみた。
ちょっとにじみ気味。
まあステンシルは雑ぐらいがね。
P.S
最近驚くほど更新してますが、実は暇なんです、仕事が、、、。
給料が心配だ、、、。

チョコレートハウスに集結。

ふと思えばきたのは2年ぶりぐらいだと思う。
あのときはまだ坊が生まれていなかったからねー。
猫鍋ならぬ子鍋、違うラジオフライヤー乗せ。
子供の顔は公開でもいいよね?T氏とS氏。

あまり人様の子供と遊んだこと無いのですが、ふと思った。
やはり子供の性格は親に似る(笑)
皆さんにてますねー、キャラクターがそのまま乗り移ってる。
それを見て自分の子供がもろに自分に似ていることがよく分かった。
最近は坂が好きらしい。

まあ子供のために集まったようで実は自分の欲求のためである。
またグレードアップしている「チョップチョップマスターガレーヂ」
完全に男の空間はとても魅力的。

レアパーツ発見!
見事な船です。
この色もまたいいですねー。
ボートテールアリンコは見れる日が来るのでしょうか?

あるじにはMacの悪を注入して、俺は初溶接を試みる。
その間子供たちはおとなしくしててねー、といけばいいんですが、、、。
とりあえず初火花が怖いんであるじに見本を見せてもらう、スゲー火花だ。
MIG溶接って奴で細いワイヤーがニョキニョキ出てきて溶接していくタイプみたい。
そんでまずは火花の散り方と力加減を試したくて適当な鉄板に当ててみる、たしか上手いことビートが引ければいいんだよね?
2、3回バチッとやってみてなんとなく意味が分かった感じなので鉄板と鉄板を試し溶接に。

初溶接完了!
どでしょ?
なんとなく事前に溶接関連のHPややった人のインプレなんかを見ていたんでイメージは湧いていたんですよね。
うまくいった方かな?
あるじも「いけるんじゃない?」ということなんで一気に目的の荷台のチョップをやってみることにした。
そのあたりはSportster@maniatic?に更新しておきます。
いやー溶接はかなり楽しい!作業の幅も広がるしね。
次の目標はリアフェンダーの取り付けの際のフレーム加工。
ていうかホントに押しかけて一気に去っていってしまってすみませんでした、懲りずにまた押しかけさせてください!

どうでもいいが帰ってきたらエレベーターにシャアがいた。

一気に作ります。

やるとなると一気に仕上げるタチで。
気合い入れて作っていきます。
まずは妄想とイメージと適当な図から革を裁っていきます。
主要パーツは三枚、あとはそのときの気分とカンで切っていきます。

今回の一番のポイントと難点がここ、立体的なデザインを作るためにかんな感じの縫い方です。
さらに曲面が多いと円周率とかそんなモノはいっさい計算できないのでカンで行きます。
革の伸びる量とかもなんとなくカンでやるのでちょっとは誤差が出て修正したりします。
今回もサイドの革の長さと表裏のまわりの長さが微妙に合わなかった。

このようにフタも立体的に作ってます。
革をこのように縫うのは専用ミシンだと楽なんでしょうね。
縫ってひっくり返す系はけっこう面倒かも。

そんで中の仕切りモノ。
買ったLEDライトとレザーマンを納めれるようにします。
だいたいライト系は電球系を上にして収納しているパターンをよく見るし、自分でも作ってきたのですが、今回は逆に。
ミニライト系って長いヒモ付いてると便利じゃないですか?
そのヒモもボディーに巻いて収納できるようにわざと余裕を持って作ってみました。

そんで最後はオイルを塗って完成!
だいたい作っている時間的には5時間無いくらいかな?
一気に作るところとスピードは素人にしては速いだろうと自画自賛(笑)

そんで写真。
メディスンバックはブラブラするんでね、これだと密着している感じでしょ。
走っても邪魔じゃない、まあ走りませんが。
デザインなんかは独創性があまりない俺でして、人様の作ったモノの写真をいろいろ見て良いところを組み合わせて作る。
そう、オリジナルは苦手でも偽造と改造は出来るのです、俺。

装着してみるとこんな感じ。
そこそこ小さめですね。
ただ厚みが若干有るのでハーフコートのような腰より下に服がなびくものを着ると背中がぼこっとなる、と思う。
まあそれでもいいかと。
あとは色がどんな感じに変わっていくかが楽しみ。

苦戦、、、。

写真を見るといかにもうまくいっている感じの家族、、、そうではなく修理がうまくいった感じの光景。
いやいや。
とんでもなく苦戦してます、しそうです。
とりあえずキャブはばらして洗浄したんですがね、、、。
たまにエンジンがかかるまでの進歩にしかならない、、、。
春のさわやかな風が吹く頃には直るといいんですが。
おまけにBLOGがなんかおかしくなって直すのにも苦戦した。
記事IDがダブって変なことになって?
消えた記事、コメント有り、、、。

LEDの恩恵。

長年愛用していたマグライトも昔はとんでもなく明るい代物だったのが、技術の進歩のおかげかすでに懐中電灯會のトップの座は奪われている。
頑丈なボディーとデザインは今でも通用するのですが、この単三2本サイズだとLEDライトにはかなわない。
色的にはタングステンカラーの方が好きではあるんですが新しくLEDライトを導入してみた。
基本はマグライト並みの頑丈さ、デザインで明るい。
なんと単三一本でかなり明るいという噂の「LED LENSER Focus 19」

Luxeonというところの1W LEDなのかな?これがとんでもなく明るいと。
見ての通りデカイLEDのレンズ部ですね。
「LED LENSER Focus 19」は文字通りフォーカス機能が付いていて、マグと同じくそれなりの防水で似た感じの頑丈な作り。
これが1.5Vの単三一本でどれだけ明るいのか?

まずはフォーカスをスポット最大にして2m位から点灯。
スポットになるという点ではマグの方がスポットになっている気はしますね、ただ写真では分かりづらいんですが(露出で飛んじゃってるからね)LED LENSER方が明るいです。
色温度の違いもあるんでさらに明るく感じますね。
もう少し離れれば確実に遠くまで照らせるのはLED LENSERでしょう。

そんでワイド寄りに。
距離も2mと変わらずで、LED LENSERはワイド側は最大でこれ位です。
マグはまあもう少し広げれますが、、、、見ての通り同じようなサイズにするとあからさまにマグは暗い。
これで電池一本なんですよ!いいでしょー。
ちなみに連続で3.5時間ほどもつみたいです。
1Wだとさすがに何十時間とは持たないみたいです。
あとはレザークラフトですな。