アパーチャー

apa

今のバージョンのiPhotoってすげー重くないですか?

いつからか便利な機能は増えたんですが、肝心の写真の閲覧が重くて遅くてイラッとくるわけで。
ネットで検索してみると結構同じような話が多く、特に写真の枚数が多いほどダメダメみたいでね。
根本的な解決方法はライブラリーを分けて分割するのがいいみたいなんですが、いちいち起動し直しって面倒じゃね?
面倒なことは横着者はしなくなるってことを分かっていない几帳面な人が作ったソフトなんだろうな(笑)

そんな重さを解決したい(写真の枚数が多い)人はどうやらApertureを使うといいらしいということで値段もだいぶ下がったんで買ってみることにしてみた。

aparaw

そもそもApertureってなんて読むんだ?ってかんじでどうやらアパーチャーと読めばいいらしい。
iPhotoのライブラリーをそのまま読めるので移行は簡単ですが、どうも昔のバージョンで手直ししたiPhotoの画像のデータなどは対応していないとか、サムネイルなんかの作成が上手くいっていない画像とかもちょこっと有ったりもしますが、動作感はiPhotoよりはキビキビ動きます。
全くのノンストレスとまではいかないけど、iPhotoよりかは遥かにいいです。
ただお金を払うほどiPhotoよりすごいことが出来るのか?ってのが素人なんでそこまで感じるものがないってのが残念。
でもいいですよ、フルスクリーンでのエディットなんてとても見やすくてキレイ!

完全移行いたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。