写真アプリ。

sya
Yosemiteもマイナーバージョンアップで10.10.3に更新されました。
ここで大きく変わったのが今までのiPhotoに変わる写真アプリ「写真」が追加に。
漢字で書くとなんかいまいちな名前のアプリですが(笑)
雰囲気としてはiPhoneのアプリに近くなったという感じで。
そしてiPhotoも廃止になりこれに変わるわけですが、なんと買ったApertureまで廃止、「写真」に統合という事になってしまったようです、、、、。
iPhotoも最終的にたぶん画像をたくさんため込んでいる人には重たいアプリで、そんなユーザーはApertureのほうがさっくりと動くという事で買ったんですがね。
統合ってどういうことだ!
まあヘビーユーザーではないので無料でちゃんと動いてくれるならまあいいかと期待をしてはいたんですが、、、。

naka
iOSの写真と同じような使い勝手になりますね。
そもそもiOSの写真アプリもiOS8になったぐらいからかな?ちょっと使い勝手が悪くなって、なんか余計な物が増えたっていうの?
それに似せてるのでなんかやっぱり使いづらい感が、、、。
そして重要なのが動作の軽快さなんですが、、、、やっぱり重い、、、。
写真やらがだいたい30000枚くらい有るみたいですが、SSDのMBPですらそこそこ動作の重さを感じるって事はHDDの人はけっこう重いんでは?
軽さでいったらApertureのほうがいいなー。

hen
そんで編集画面はこんな感じ。
どうでもいい画像ですが、ちなみにこの草はリッピア。
Apertureと統合って事はそれ同等の機能は有るってことだと思うんで。
まあ同等な感じだけどプロっぽい感じはなくなりましたね。
やっぱりiOS寄りになってはいる。
まあプロじゃないんでそこそこ使えればいいんで慣れれば同じかな?とは思うんですがね。
ただこの重さが、、、もっと軽くならんのかい?

ちなみにiCloudフォトライブラリーは使ってません。
さすがに30000枚もCloudにアップしたら無料の容量内にはおさまらんので。
そして注意点としてiPhotoライブラリーとかApertureライブラリーを「写真」のライブラリーに移行できるんですが、移行すると新しいライブラリーが出来てもとのライブラリーが空になります。
iPhotoとApertureは同じライブラリーを使えたのに「写真」は別物になってしまうみたい。
統合して古いのはもう使うなって事ですかね、、、。
いい点も1つだけ有って、やっと60pの動画がまともに滑らかに見る事が出来ます。
iPhone6で撮った60p動画はMacのiPhotoとかで見るとカクつくいてたからね。

これからのバージョンアップに期待ですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。