Time Machine & Air Disk


ついにうちにも最新のバックアップ体制が整った。
その名もTime Machine!
Appleはホントネーミングまでかっこいいね。


もともとLeopardにアップデートした時にこれが目当てではあったんですが、うちBookなんで外付けHDD使うじゃない?これをAirMac Extreme経由のAir DiskをバックアップHDDにしてワイヤレスバックアップを企んでいたんですよ。
ところが初めのうちはこれができないとか、Air Diskがあんまり安定せず遅いとか、すでに持っていた外付けHDDの容量と静粛性が等々ありまして。
はじめの2つは徐々にアップデートされてきてそろそろ導入するかと、すげー静かと定評のあるIOデータのHDCN-Uシリーズ の500GBを買ってみた。
もう1万を切っているのも魅力。
本体の内蔵HDDの2倍の容量はあった方がよいとのことなのでちょうど2倍。
これがホントに回ってるの?ってくらい静かでおすすめ!
常時回転のAir Diskにはもってこいだす。
そんで早速いろいろ試行錯誤してTime Machineを使ってみた。
初回バックアップはさすがにワイヤレスでは遅すぎるので直接差してバックアップをとりたいんですが、Air Diskをバックアップディスクにするのは直接挿すのとはファイル形式が違うらしく、直挿しで作ったバックアップHDDをAir Macに挿してもTime Machineがそれを認識してくれないんです。
そうなるとワイヤレス環境で1からバックアップをとらなくてはいけないんですが、試しにやってみたら、、、100GBだと2日はかかるんじゃないかというくらいの勢い。
そんな気の長いことはやりたくないんで裏技を探し当てました。
初めはAir Disk経由でバックアップを開始してちょっとしたら中断、こうすると専用のバックアップの入れ物はできるのですね。
そこからHDDを直挿しにかえてバックアップを再開。
これでAir Disk用のTime Machineバックアップファイルができます。
なんかディスクイメージを作るみたいねAir Disk経由だと。
後は勝手にバックグラウンドでバックアップ!
普段のネットやらメールならバックグラウンドでバックアップをしていても特に動作は遅くなったりしないんですが、さすがにフォトショップとかで大きめな写真をなんかしたりしていると速度の低下を感じる。
自動じゃなくて手動で気が向いたらポチッとするのが楽かな?
なんやかんややった後にバックアップをとるとだいたい1GB前後追加バックアップする感じです。
これくらいならAir Disk経由でもそんなに時間はかからないんで。
こりゃなかなか便利かも、、、、。

3 Comments

  1. AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X Mach-O; ja-JP-mac; rv:1.8.1.17) Gecko/20080829 Firefox/2.0.0.17
    おお・・・もの凄く最先端じゃないですか!
    いいな〜10.5。
    オイラは仕事の関係上10.4から当分進化出来なさそうです。orz

  2. sin

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_2; ja-jp) AppleWebKit/525.13 (KHTML, like Gecko) Version/3.1 Safari/525.13
    そういえばタイムマシンのことをすっかり忘れてました。
    タイムカプセル資金は確保してあるんで、そろそろうちも
    導入しようかしら。
    やっぱカプセルはおすすめじゃないですかね?

  3. yanagi

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_5; ja-jp) AppleWebKit/525.18 (KHTML, like Gecko) Version/3.1.2 Safari/525.20.1
    ☆とらさん
    確かにこの機能は便利だす。
    バックアップが手軽に出来るっての。
    仕事の縛りはない俺なのでバージョンアップは一つの趣味です(笑)
    ☆sinさん
    imacならバックアップは確実に線で繋いだHDDの方がいいですよ。
    なんだかんだいっても無線環境は動作遅いです。
    カプセルよりはAirMacと外付けHDDの方が断然いいと思いますよー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。