ギター自主リペア開始 その4


ネックの剥離が終わったので早速下地を作っていくことに。
行程的には
砥の粉とか木工プライマーで目止め

サンディングシーラでさらに凸凹をなくす。

ラッカースプレーで色を塗装。

クリアで仕上げ
てなかんじですが、メイプルはまあ目が詰まっているので砥の粉とかまでしなくていいみたいなんでいきなりサンディングシーラーから塗っていきます。
ちなみにネックはヘッドの表のみ塗装でほかはオイルフィニッシュにしようと思ってます。
ある意味手抜きなんですが。



とまあいきなりヘッドに色が付いてます(笑)
サンディングシーラーからはじめた下地作りですが、メイプルでも木工プライマーくらいは吹いておいた方がいい感じです。
シーラーをかなり厚塗りしないとその上のラッカー塗料は木にガンガンしみこんでいきます、はい、一度やり直しました。
サンディングシーラーも刷毛塗りなもんで凸凹が多く削る量が多くてね、厚く塗りを重ねてから削るといいと思います。
そんでもう色を塗ってしまったわけです。
水色のマッチングヘッドでいきます。
色を乗せるとけっこう下地の出来の甘さがよく分かるんですなー。
ムスタングの水色(なんていうか忘れた)をイメージしてこんな感じです。
ここにオリジナルのロゴをと思っているんです!
ロゴはクリエイターに発注する予定です、、、、楽しみ。

そんでボディーの塗装剥離。
サンディングマシーンでやってみたもののかなり時間がかかる感じで、、、、。
逆に削っていて思ったのが元の塗装を全部剥ぐより塗装を生かした方が上手くいく気がしてきました。
素人の下地処理よりプロの下地処理を生かした方がね。
なので全剥離ではなく傷のひどい所を剥離して、あとは禁断のパテ的な物で修正をかけようかと思います。
ソリッドカラーだからいいでしょ?

だいたい剥がし終わってあとはいらんねじ穴は埋めます。
トレモロのフタって今まで付けておいたことがないんで穴も埋めてしまいます。
ピックガード側も微妙にメーカーによって位置が違うんで埋めておきます。

ボディーの材質はライトアッシュなんですが、この木材はけっこう導管が大きいっていうの?要するにツルツルの面にしたければ目止めをしっかりしなくてはいけない木材なんですね。
たぶんこれからもっと苦労するんだろうな、、、、。

そんなロックに趣味欲が傾いている時期なもんで「Beck」が読みたくなって大人買い。
ブックオフで1冊105円だったので10冊ほど。
これ読むとホントにバンドがやりたくなる。

3 Comments

  1. sin

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_5; ja-jp) AppleWebKit/525.18 (KHTML, like Gecko) Version/3.1.2 Safari/525.20.1
    BECKでギターのリペアといえば!高野さんですね(笑)
    ぼくもバンドとかやったことないし、ギターも弾けませんが、
    BECK読むとギターやりたくなります。
    3本ラインいれましょう!

  2. のぶ

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X Mach-O; ja-JP-mac; rv:1.8.1.1) Gecko/20061204 Firefox/2.0.0.1
    楽しそうでいいですね〜。
    昔はギターの塗装が楽しくてよくやってましたが、
    見てたらまたやりたくなってしまいました〜。
    そっか、いらないネジ穴は塗装前に埋めればいいのか〜!

  3. yanagi

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_6; ja-jp) AppleWebKit/525.27.1 (KHTML, like Gecko) Version/3.2.1 Safari/525.27.1
    ☆sinさん
    そうそう、漫画で音楽やったって音なんて伝わらないのになんでBECKを読むとギターが弾きたくなるんだろ?
    三本ラインも考えたんですよね、、、、ちなみにコンペラインっていうんですなあのライン。
    ☆のぶさん
    ギター塗装は初めてやりました。
    なんか楽器の塗料って特殊なイメージがあったんでさすがにしなかったのですが。
    綺麗に仕上げるには思った以上に大変ですね、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。