混浴に挑戦。


だいぶ淡水水槽も落ち着いてきたみたいで。
濁りもとれ始めキラッとした水になりつつ、エビも活発だし。
えさ投げ込んでみたら隠れている奴らがすげー集まってきた。
そろそろアベをと。
その前に汽水水槽に仲間を迎えることにした。



そもそも混泳が御法度のなミドリフグなんですが、やはり一匹は寂しくて。
そんでもやっぱり混泳をしている人を見るとうらやましく、そんで何となく底にへばりつく魚ならいけるかと思っていてね。
とりあえずこれは問題ないシマカノコ貝。
絶対食われないように大きめを買ってみた。
そんで仲間に入れた魚がこれ。

淡水ハオコゼ。
淡水という名前で売っていますが汽水域にすんでいるみたいで、底に張り付くタイプじゃない?
いけるんじゃね?とこの不細工面にほれて買ってしまった。
ちなみに俺ブサ専では有りません(笑)
ヒレとかがかわいいんだよねー。

そんなハオコゼ君のために隠れ家をとこっちの水槽も石だらけで隠れ家を多めにしてみた。
ただ思ったより隠れない(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。