ユーザー車検


もっと早めに準備せねばね。
基本前回と同じ手順。
自賠責→申請用紙→印紙→窓口
また2年後忘れてるな、、、。

車検・車検・車検

時がたつのは早いもので、もう車検の季節になってしまいました。
思えば2年前に初めてユーザー車検難ぞをやって優雅に大きな故障も無く快適なオートバイライフを送っていたはずなのに、なんかめんどくさい車検なんてものがまた来てしまった。基本的に仕事辞めたばっかで金無いんだよなー、、、(涙)
そうは言ってもこれを通さなくてはなくては愛馬に乗れん!というわけで車検の為の整備にかかることにしました。今回ももちろんユーザー車検での検査持ち込みを試みる訳なんですが、車検でクリアできない箇所が何カ所か有りましてこの辺の整備を徹底的にしました。
フロントタイヤ、スリップラインギリギリ → タイヤ屋にてダンロップTT-100に交換。ちょっとビンテージちっくに。
ウィンカーモジュールの不良による点滅の異常 → オートキャンセルモジュールを取っ払ってリレーに変更。配線引き直し。
クラッチケーブルの裂けによるオイル漏れ → ケーブル交換。交換の為にプライマリーケースを外すのでガスケット&オイルも交換。
反射板の有無 → ドライバースタンドで両面テープ式を購入。
リアシートとシーシーバーの取り付け(2人乗り登録のために必要) → 簡単につきます、、、。
とりあえず指摘されそうな点はこんなところでこれを午前中に整備し終わらして午後の検査にという案配ですね。
あとは気になる点がいくつか、、、。爆音なマフラーシフトパターンのステッカー光軸なんと言ってもマフラー、、、。前回はおきまりのスーパートラップをオープンエンド皿なしで合格だったのですが、今回はCCI製のテーパードタイプに変わってる。
これがうるさい!
換えがないのでぶつけ本番で。
シフトパターンのステッカーは前回も何も言われなかったので、言われてもビニテに書いてはりゃいいだろうと。
光軸はいつもずれてるんでその場で直す、これ当たり前。まあ結果は合格でした。多摩陸運局はたぶん甘いと思う。(だからって信用しないでね!)そんなわけでまずは初めてのアップなので現在の愛馬の状況でも写真にて。



車検用におっちゃんのようなシーシーバーが付いてます。スポスタはあんまりにあわねーなー、、、。基本的に屋根なしで止めてるのでぼろくなりやすい。錆やら汚れがすごいね。
現在、newホイール&スポーク発注中!リアは18インチになるでしょう。なんか軽快なスクランブラーチックでアイアンスポーツルックな奴を目指してます。
何しろ暇とお金と場所がないので地道な作業ですね、、、。