リチウムイオンバッテリー

P1020617
超安いバッテリーが悪いのか、乗る回数の少ない俺が悪いのかまたバッテリーが弱ってしまった。
だんだん歳とともに仕事が忙しいやら、家庭の事やら、ただ単に億劫になってきてるのか、やはり鉛バッテリーには良くないことばっかりである。
そんなわけで前々から気になっているリチウムイオン系のバッテリーはどうなのか?と考えてみることに。
各社いろいろありますからねー。


P1020629
いろいろ考察した結果選んだのがこれ。
スカイリッチというメーカの物です。
アメリカ製(中身はどうなのか?ってのはありますが)のやつで、楽天などでは結構目にするが、ハーレーで付けている人が見当たらない。
有名なSHORAIってのも考えたんですが、まず充電器が別途必要みたいってのが一番のネックでね。
普通の充電器で充電できる方が良くない?ってのと、そこそこ安く買えるってのでこっちにしてみた。

ここで2003年くらいまでのスポ用で同じサイズを買うと結構な値段しますが、結局はセルがばっちり回るか?ってのが重要ってのを考えて一回り小さい物でも大丈夫じゃね?と値段も安くなる小さいのを購入。
そもそもラバーマウントのスポーツスターはすでにバッテリーが小さくなっている!
容量は足りているんで、やはり重要なのはセルが回るか、それがCCA(コールドクランキングアンペア)値って言うのがあるらしく、純正を調べてみると、、、。

65989-97C(2003年までリジットモデル) 19Ah CCA300
65958-04A(2004年以降ラバーマウント) 12Ah CCA200

改良はされているだろうからラバーマウントはCCAが200でもすんなりセルが回るんだとしてもその他の電力はリジットもラバーもかわらんでしょ?と勝手に決めつけた。
総合的にみるとCCAは250くらいあればリジッドスポも回るのでは?と勝手に解釈(笑)
そうなるとリチウム勢はだいたいCCAが高く、買ったスカイリッチのCCAもラバーマウントサイズではあるがネットで探したデータによるとCCA240は超えているみたいで。
若干賭けの部分もあったのですがね、先に結果言ってしまうと問題なく始動しました!

P1020619
とりあえず弱ったバッテリーを外して計ってみると、、、、低っ!
そりゃ回らんなー。

P1020620
リチウムイオンはっていうと新品で初期充電もしなくてもこの電圧!
こりゃ期待。

P1020621
そんでもって量が分かるインジケーターもついている。
まあカバーするんで使えなくなりますが、、、。
初期充電はするべきか?というのを考えてみたのですが、放電しにくいリチウムなのでインジケーターで満タンとでたのでそのまま使うことにした。
この放電のしにくさもリチウムのメリットですね。

P1020626
ついでに重さも比較。
安い鉛バッテリ。
純正ではないけどどれも同じような重さでしょう。
片手で持つには辛い6キロ台。
リチウムは、、、、。

P1020628
なんと体重計では測れずこっそり料理用で計測。
なんと1キロ切ってます!
軽く5キロのダイエットに成功!
実は取り付けて気づいたのがここ。
そんなの実感できないかと思ったら取り回しがちょっと軽くなります!
ここもおすすめ。

P1020635
そんで問題の取り付け。
スカイリッチのリチウムはどうやら同じ鉛バッテリー相当のものを買うとサイズも同じように作ってあるらしく、マウントに苦労しないらしいんですが、すでに違うサイズを買っているもんでこんな感じ、、、。
端子の位置などは考えて買ったんで問題ないんですが、隙間だらけだ!

P1020728
とはいえ、こんな感じでバッテリーカバーを付けてしまえば見た目も何も変わらん!

使用インプレですが、ちょうど取り付けた時期が寒ーい冬だったんですが、リチウムにありがちらしい低温時の電圧低下などは特になく普通にセル回りました。
セルのまわりもグイングイン回る!って感じはしないけど(少なくとも今までの安いバッテリーよりはグイングインです!)普通に回り、100kmほど走ってきましたが特に問題も感じられずいいことずくめ。
ちなみに参考までに買った価格が16000円以内。
価格は店でも違うと思いますが純正バッテリーより格段に良い気がする、いまのところ。
特に乗る機会が少なめの人にはお勧めなのかもです。