とりあえずクラッチレバー側から

目指せビンテージ化!を目標に続けているカスタム(というよりもレストア、、、いや修理だな、、、。)
どうもこのハイカラなスイッチまわりと握りづらいクラッチレバー。
こいつをスッキリとまとめてみたいと常々思っていた。
予定ではクラッチ側とブレーキ側いっぺんにやりたかったのですが、まあ単純にお金の問題とパーツの選考、入手がうまくいってないので、とりあえず不便に感じていたウィンカースイッチだけは先にやっておこうと思い重い腰を上げることにしてみた。

[Read more…]

XRバーからの卒業

もうこいつを買ったときからハンドルはXRバーでした。
買う前からももちろんXRバーのルックス、買ってからもポジションの良さから一度も浮気することなくこのハンドルを使い続けた。
だんだん歳もとってきたせいかスピードに対するこだわりも随分と治まり、気持ちのいい走りを求めるようになってきた。
とてもよいことだと自画自賛。
XRバーは乗り心地も案外ゆったりしていて取り回しもしやすく、名ハンドル1つだと心から思う。
ただまっすぐを長いこと走るというよりか、カーブがサイコー!って感じですかね。
やはり倒しやすいんですね。
ただ若干、手を伸ばして走らなくてはいけない分、姿勢が前傾になる。

[Read more…]

液体交換

うちのスポスタの体液も冬を越し、随分ドロドロの黒々になってしまいました。
箇所によっては3年くらい?換えた覚えが?
エンジンオイルはまあ換えていますけど、ブレーキオイルやフォークオイルなんて全く変えた覚えがない!
今回は思い切って一気にケミカル類を換えてみようかと。
エンジンオイルは安い「レブテック」イージーライダースで600円ほどです。
高いオイル(化学合成油)も入れてたことがあるのですが、はっきり言ってもったいない。
だってレースしてるわけでもないですから、確かにいいオイルは回り方が違う!
でも頻繁には換えれないでしょ、安くても頻繁に換える方がいいとの自分なりの結論。
エレメントも換えまして、これは純正。
特にいい物がある訳でもなく、安い物があるわけでの無いので。
エアーフィルターもK&Nなのであの真っ赤なフィルターオイルをしみこませてます。
こいつも専用クリーナーで洗浄、オイル塗り塗り。

[Read more…]

エコロジーへの心がけ

僕もこいつには結構悩まされました。
買った当時は「なんかオイルがエアクリーナーから漏れてくる!
この「ブローバイガス」を抜くシステム、ハーレー乗りは結構悩まされてる人多いですよね。
ここからオイルも一緒に若干吹いてくるのですが、なぜか量が多い。
今までの国産車はそんなに無かったんだけど、、、。
特にスポーツスターは高回転で回す方は良く吹くらしい。
どちらかというと回す側の僕はよく「ダラダラ」になる。
以前はエアークリーナーに戻すという一般的な方法をとっていたのですが、何しろエアクリの汚れる速度がはんぱなく速い。
さらには垂れてくる、エンジンにつく、汚い。
これが嫌で写真のようにホースでエンジンの下あたりまで引っ張っていた。
これを「大気解放」という、、、。
要するにオイル垂れ流し、、、、。

[Read more…]

18インチ化への道 〜後編〜

やっと来ました!
やっと来たと書くと待たされたみたいか。
組に出してすぐ出来上がってきました。
お願いしたのは茨城県岩井市にある「フェイス」というお店。
タッチバイクに載っていたのですが、スポーク張り専門店らしいです。
電話で問い合わせてみると「2、3日で出来ますよ」おお!速いじゃん!
パーツをすべて梱包して送ると一本8000円にて組んでくれます。結構やってくれるところ無いんですよねー。
とある場所はなんと25000円もかかると!
それなら送料込みで1万ちょっとの方が安いし、また専門店だなんて信頼できるじゃないですか。
それでせっかく綺麗綺麗になったのでハブベアリング、ベアリングシールの交換もしてしまおうと思ったわけで買ってきました。
グリス、ベアリング、シールで約6000円也。
にしても純正のベアリンググリスの量が多い!
貸して欲しい方いましたら連絡ください!

[Read more…]

18インチ化への道 〜前編〜

最近は随分温かくなりましたねー。
バイク乗りには待ち遠しい「春」を感じさせる日も多くなってきました。
バイクを冬眠させていた人もそろそろツーリング計画をと思っている人も皆さんこの時期整備に精を出してるんですかね?
前々から注文して購入し、お店に置きっぱなしだったリムをやっと取りに行ってきました。
これが待ちに待ったEXCELのH型リム!
なんせ一度、別の店で注文して4ヶ月以上も待ったあげくに「まだかかる!」とのことからキャンセルし断念したのですが、やはりリアスポークのゆがみ&ゆるみ&錆、そして軽快な18インチへのあこがれからもう一度注文、今度は世田谷区環八沿いの「イージーライダース」にて注文。
また時間かかるんだろうと思いきや、1ヵ月ですんなり出来上がった来てしまった!
ここのお店には賛否両論有ると思いますが、会員になるとすべてだったかな?料金10%OFFになると言う得点がある!
意外と嬉しい得点ですよ!
おもいっきってフロント2.15×19、リア2.50×18、両リムとも購入,さらにスポークは奮発して錆にも強いステンレススポークをリア分だけ購入。
フロントは次のお金に余裕があるときにでも換えるとして、リアはまじでボロボロでやばい状態なので、春にバイクに乗れないなんて事の無いように早速交換することにしました。

[Read more…]

久々不定期検診

自分のための整備記録簿なんで細かいことも記録に残そう!と思い日常の簡単な整備も記録することにした。
この日は洗車と点火時期、キャブチェック、バッテリー、オイル、そんでもって車検後から付いてるちょっと親父なシーシーバーを外そうと実家に向かいました。
きれいきれいに愛人を磨いてあげて、いつものシングルシート仕様に戻してと、写真の通りな感じに。
んでどうもガスの薄さと点火時期の狂いなのか、アフターファイヤー気味な吸排気型を整備。うーんいい感じだー。
オイルも随分減っていたので足してみると1/2quartも入るではないですか!
さらに弱まりぎみのバッテリーの液をあけてのぞけば、液が干上がってるー!そりゃー弱まってて当たり前か、、。すかさずドラスタ(ドライバーズスタンドって言う店。ちなみに多摩店)で強化液補充。
その他諸々見てみると、おおっ!リアスポークが折れてる!
以前からスポークの曲がり、ゆるみは気になっていて、増し締め修正はいちおしておいたんですが、ついにポッキリ、、、。この前、静岡にバイクで行ったとき、高速道路での速度120キロカーブ(400R)で後輪ブレブレだったもんな、、、。まあもう寿命と思ってアルミリム&ステンレススポークは購入済みなんですが、暇と組み込みに出すお金が無い!
このまま実家までの片道20キロ持つかな、、、。
直しに行かんと、、、。

オイルタンクの亀裂

どうもオイルタンク下のスイングアーム近辺のオイル汚れがひどいことに気が付きよくパーツクリーナー等で洗浄していたのですが、暇な時間も出来たのでおもいっきって原因追及のバラシをすることにしました。
隙間からライトを照らしてのぞいた感じではたぶんオイルタンクステー近辺からにじみ出しているような気はしていて、雑誌「スポーツスター」等にもよく紹介されている不具合ではとは感じていたのですが、バッテリーを外してびっくり!見事に一つのステーが割れ、もう一つのステーもたぶんひびが入っていて、そこからオイルが滲んでいるではないですか!
おいらのは4速エボスポーツと同じオイルタンク、確か93年ぐらいまでのモデルは同じですね。これ以降は対策品になっていて止め方、ステー等が変わっています。
まあこれを買うしかねーかなと思い早速ディーラーに純正パーツの値段、在庫等を聞きに行くと
「オイルタンクと、バッテリートレイ、その他のセットで8万ちょいだよ、、、ど、どうする?」
なにー?はちまんえん?見栄張らずに即答しました
「ごめんなさい!お金無いんで別の方法考えます、、。」
こまったよ。どないすればよいんですか。まず応急処置的に中古で旧型のオイルタンクを手に入れよう!と思ったのでっすがさすがにこのパーツ、お店にもヤフーオークションにも出てこない品薄パーツ。
そんで困ったときの「タッチバイク」を本屋で立ち読み。
あったあった!溶接屋さん。
幸い割れたステーも綺麗に残っている。これなら溶接可能だろう。早速もちこみへ。
持ち込んだのは世田谷区桜新町の「田代溶接工業」というお店。タッチバイクには何でも相談に乗ってくれるというので相談してみました。
僕はもちろん元通りに溶接が出来るものと思っていたのですが、ちょっと困難な箇所があるといわれてしまいました。
汚いの図ですが下の図で説明しますね。

[Read more…]

車検・車検・車検

時がたつのは早いもので、もう車検の季節になってしまいました。
思えば2年前に初めてユーザー車検難ぞをやって優雅に大きな故障も無く快適なオートバイライフを送っていたはずなのに、なんかめんどくさい車検なんてものがまた来てしまった。基本的に仕事辞めたばっかで金無いんだよなー、、、(涙)
そうは言ってもこれを通さなくてはなくては愛馬に乗れん!というわけで車検の為の整備にかかることにしました。今回ももちろんユーザー車検での検査持ち込みを試みる訳なんですが、車検でクリアできない箇所が何カ所か有りましてこの辺の整備を徹底的にしました。
フロントタイヤ、スリップラインギリギリ → タイヤ屋にてダンロップTT-100に交換。ちょっとビンテージちっくに。
ウィンカーモジュールの不良による点滅の異常 → オートキャンセルモジュールを取っ払ってリレーに変更。配線引き直し。
クラッチケーブルの裂けによるオイル漏れ → ケーブル交換。交換の為にプライマリーケースを外すのでガスケット&オイルも交換。
反射板の有無 → ドライバースタンドで両面テープ式を購入。
リアシートとシーシーバーの取り付け(2人乗り登録のために必要) → 簡単につきます、、、。
とりあえず指摘されそうな点はこんなところでこれを午前中に整備し終わらして午後の検査にという案配ですね。
あとは気になる点がいくつか、、、。爆音なマフラーシフトパターンのステッカー光軸なんと言ってもマフラー、、、。前回はおきまりのスーパートラップをオープンエンド皿なしで合格だったのですが、今回はCCI製のテーパードタイプに変わってる。
これがうるさい!
換えがないのでぶつけ本番で。
シフトパターンのステッカーは前回も何も言われなかったので、言われてもビニテに書いてはりゃいいだろうと。
光軸はいつもずれてるんでその場で直す、これ当たり前。まあ結果は合格でした。多摩陸運局はたぶん甘いと思う。(だからって信用しないでね!)そんなわけでまずは初めてのアップなので現在の愛馬の状況でも写真にて。



車検用におっちゃんのようなシーシーバーが付いてます。スポスタはあんまりにあわねーなー、、、。基本的に屋根なしで止めてるのでぼろくなりやすい。錆やら汚れがすごいね。
現在、newホイール&スポーク発注中!リアは18インチになるでしょう。なんか軽快なスクランブラーチックでアイアンスポーツルックな奴を目指してます。
何しろ暇とお金と場所がないので地道な作業ですね、、、。